【とっても簡単】ふるさと納税 確定申告/ワンストップ特例制度★控除とは?還付とは?

お久しぶりですKanaです★
お仕事が忙しくてバタバタしてました~!!

今回は確定申告について簡単にまとめたのでご紹介します!

控除?還付?よくわからない

控除と還付ってよくわからないですよね?
ちょっと簡単にご説明しますね!

まず控除と還付を受けるには確定申告をする必要がありますが、
自分で確定申告する方法とワンストップ特例制度を利用する方法があります。

ワンストップ特例制度受けるには条件があります。

1. 寄付を行った年の所得について確定申告をする必要が無い人
2. 1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまでの人

つまり、確定申告をしなければならない自営業の人はワンストップ特例制度を利用することはできません。
また、ふるさと納税する度に申請書を記載して自治体に返送する必要があります。
その上限が5つまでと決まっています。

次に控除と還付ですが・・・簡単にいうと・・・
 icon-arrow-right 控除とは・・・支払うべき税金が安くなる
 icon-arrow-right 還付とは・・・お金が戻ってくる

ただ、確定申告とワンスップの場合で違います。

 icon-stop 確定申告の場合
一部が所得税の還付金として戻ってきて(3000円ぐらい)※、それ以外は住民税から控除(住民税が安くなる)されます。
※振込口座を指定すると入金されます。

 icon-stop ワンストップ特例制度の場合

還付はされず全額住民税から控除されます。

還付と控除がそれぞれ違いますが、確定申告の場合もワンストップの場合も同じ額になるので安心してください!

住民税の控除は6月以降から始まります!

スポンサーリンク

確定申告をしてみよう!

簡単に確定申告できましたよーということでご紹介しますicon-copy

おすすめサイト紹介

 icon-stop 書類の作成時間:10分~15分
 icon-stop 必要書類
①源泉徴収票
②マイナンバー
③還付金振込先
④寄附金受領証明書
⑤印鑑

Kanaは参照サイト※を参考に作成をしました★簡単で分かりやすかったです
作成するとpdfファイルがダウンロード icon-download できますので
印刷してポストに投函しましょう♪

私の場合40000円納税して、38000円控除と還付されるらしいです^^(ちゃんと教えてくれます)
実質2000円でオトクなお買い物になりました。

確定申告しないと、40000円の高い買い物。。。なので期限を守って提出しましょう

※参照サイトはこちら

PAGE TOP